おひさまになりたい

『Giorno 2』
ローマ2日目

昨日の疲れもあって朝までぐっすり

部屋の窓から見える景色



ヘルシンキとはまた違う空気

B&Bなので朝ごはんがついてるのです



支度を済ませてダイニングに行くと
おいしそうな匂いと
たくさんの朝ごはんー!

この日は私達以外にも
アメリカ人の男性も宿泊されていたので
ご飯の間だけお話もしました

海外に行くと英語ってほんま必要…





朝からモリモリ食べました

そのあと、管理人のモーリッツォが
エスプレッソマシーンで
エスプレッソをいれてくれました



エスプレッソとクッキーと共に
モーリッツォが
「レッスンを始めよう」と
地図を広げて今日の観光コースを一緒に考えてくれました

いい人…

そして、迷子にならないように、と
帰り道も丁寧に教えてくれました

笑顔で見送ってもらい、いざ出発!

この日は友達があらかじめ予約してくれいた
ヴァチカン美術館へ!
B&Bからヴァチカン市国までは歩いて15分!

てくてく歩いて行くと見えてきました!



ヴァチカン市国の壁!

美術館の前は長蛇の列!
そして観光客にガイドをすすめてくる人達!
その中の一人に

「ジャパニーズ?ニッポンジン、カワイイネー!」と陽気に言われました
友達はハグされてました(笑)

予約していたので列に並ぶことなく入館



エジプトの発掘品を始め
ミケランジェロやラファエロの作品、
他にもなんかすごいものが沢山あって
もう頭パンクしそうなくらいでした











正直、美術の知識はほとんどなく
なにがどうかよく分からない私ですが
それでも凄さはひしひし感じて
何度も何度も鳥肌が立ちました

ラファエロの間は圧巻で
何故か涙がでてきました



ラファエロの「アテネの学堂」



真ん中にいる男性、プラトンは
ダ・ヴィンチをモデルにしているとか…

絵の中には他にもミケランジェロや
ピタゴラスやソクラテスなんていう
有名人も隠れているそうです

ヴァチカン美術館の後は
システィーナ礼拝堂へ
ここは撮影禁止でした

見たい!と思っていたミケランジェロの創世記

またまた鳥肌、そして涙…

よく分からないけど、とにかく凄い!

ローマの歴史、すごい!

感想が浅すぎる自分が残念…

その後はヴァチカン郵便局から日本へ手紙を送りました



ちなみに届いたのは3週間後…
郵便事情が悪いとは聞いてたけど…
ヘルシンキからは5日で着いたよ?

無事届いたので、よしとするとして

さて、そのあとはサン・ピエトロ大聖堂





とにかく大きくて美しいー!

残念ながら中には入れず…

ここから、ローマ市街に向かいます





有名な橋らしいけど名前忘れたー



何故か至る所にセグウェイ

歩き回ってたどり着いたのは総菜屋さん



フォルキ!

地元のお客さんがたくさんー!
お惣菜もたくさんー!!

片言にもならない英語でなんとか注文
気合と勢いって大切!



昔からあるお店みたいで
店内の雰囲気もレトロで素敵

お惣菜を買って歩いて行くと
見つけた見つけた!



ジェラート屋さん



クレマ、というカスタードクリームのジェラート

バニラとはまた違って濃厚!
クレマの虜になりました





緑や川が多いー
ヘルシンキと同じく日差しはきつかった



なんか有名な広場で青空ランチ

ローマにはたくさん広場があって
なかなか名前が覚えられない…



それからオベリスク!
かっこよくて好きだなぁと思いました
これもたくさんあったー

お昼食べたらまたまた散策ー

通りを一本ずれるだけで
雰囲気が良くも悪くも変わるのでドキドキ



メガネ屋さん、多かった
看板がおしゃれー



ここはアン王女と新聞記者のジョーが出会った道



馬車がたくさん!
観光客向けみたいです



スペイン広場!
階段でジェラート!は、
人が多すぎて断念しました…
この頃から友達とひたすら
つるべのCMのモノマネをする日々が始まる(笑)







歩きすぎて明日行く予定の場所まで行っちゃうっていう(笑)



なんか有名な建物、ちゃんと次のブログては調べておきます

さてさて、ローマで私が楽しみにしていた場所!



トレヴィの泉ー!!

ご存知の通り後ろを向いてコインを投げると願いが叶う、という場所

コインの枚数でお願いごとが違うのです
運良く泉の真っ正面に立つことができました

願いを込めてコイン、叶えてくれますように

トレヴィの泉はとっても人が沢山



中には悪い人もいるようで
おまわりさんがしょっちゅう笛を吹いてました

そこから歩いて
またまた歴史的建造物!



パンテオン!

大きすぎて写真に収まらない!



柱もこんなに大きいのです

中は聖堂になっていて荘厳な雰囲気
こんな素晴らしい建物が
ずっとずっと昔に建てられたと思うと
やはりこれも鳥肌ものでした

さて、ローマで初のディナーは
地元でも評判らしいトレアルキというレストラン





カルボナーラを食べました
日本のよりあっさりしてて食べ安かった
そして何より安い!
フィンランドとイタリアでは
物価がかなり違ってました

同じユーロ圏でもこんなに違うんだなぁ



ご飯を食べて外に出ると真っ暗!

ここから、昨日のビビリが再復活
橋の上でおっちゃんにつけられそうになり
怪しい目つきで近づいて来られたり…

でも、夜景は綺麗だったので写真は撮る



サン・ピエトロ大聖堂、ライトアップされてて綺麗でした

が、余裕があるのもここまで

ローマのメトロは観光客を狙ったスリが多く
友達と絶対乗らんとこ!と決めていました
しかも夜だし…

ヴァチカンから歩いて15分のB&Bやし歩いて帰れるよなー

と、歩き出したものの
どんどんここがどこだか分からなくなる始末
道はどこも似てるし建物も似てる

ネットは繋がらないし
歩いても歩いても見覚えのない景色

ここで私の不安はMAXに

友達は必死で私を励ましてくれました…

通りを歩いていると一組の家族とすれ違い、お父さんらしき人が心配そうに私たちの方を向いてくれたので、もう思わず

ヘルプミー!!

地図を広げて一緒に帰り道を探してくれました

お父さんが「ここから最寄りの地下鉄まで送るよ」と言うとお母さんがすごい剣幕で「この子達を地下鉄なんかに乗せる気?!」と言ってました

ますます地下鉄怖くなる

娘さんもいらっしゃったのですが
この子がまた美人で賢い!

ゆっくりと丁寧に英語で道を教えてくれました

わかりやすい場所まで一緒に行こうと言って下さり、歩いているとお母さんが

「わたしは、とうきょうに、10ねん、いました」と話してくださいました

久々に聴く日本語
きっと不安になってる私たちを
少しでも安心させようと話してくださったんだろうなぁ…
不思議なご縁に少しホッとした瞬間でした

そのあと、なんとか無事に帰り着き
B&Bの扉を開けると仁王立ちのモーリッツォが…

なんでこんなに遅くなったんだい?

と一言

2人で正直に「lost way...」とつぶやくと
「Mamma Mia!」と抱きしめられました

今日も怖かっただろう、と
早く休みなさい、と
とても心配してくれていたようで
なんだか、イタリアにお父さんができた気分でした

夜のローマは怖くて不安でしたが
人のあったかさって
世界中、一緒なんだなって思いました



お昼間に買ったティラミス食べて
2日目、おしまい



posted by misato | Helsinki-Rome 2014.4 | comments(0)
『Päivä 5 & Giorno 1』
5日目

いよいよヘルシンキを発つ日です



この景色を見るのも最後

さて、ヘルシンキでの最後の贅沢!
朝食ビュッフェ☆

多分結構お互いホテル、Klaus K
その中にあるレストランLIVING ROOM

ここも日本で予約していたのですが
英語もフィンランド語も話せない
という旨を伝えたところ

大丈夫!全力でサポートするよ!
温かくお迎えするからね!

というお返事をくれたのです



何かと高価そうな食べ物がずらり!
食器ittalaやし!
パン焼きたてやし!

落ち着いたビジネスマンや
お金持ちそうな人々に囲まれながら
食べる食べる…

美味しかった!



寂しいなぁ…
また来たいなぁ…

ヘルシンキに来て初日以来の曇り

この時期、本来は曇りの日の方が多いらしく
私たちは最高にお天気に恵まれたようです



ヘルシンキも私たちが去るのを
惜しんでくれてるのかなぁなんて

旅立つ前に買い物

ホテルの近くにあったケーキ屋さんで
カップケーキ!



おいしかったよー



さ、バスに乗り込みます
また来るからね、nähädään!



乗ってから気づいたけど
このバス、VOLVOやーんっ!!

よく見ればベンツのバスとかもあった…

あっという間に空港に到着

帰りの飛行機は乗り継ぎがバタバタなので
先に免税の手続きしてもらえないかなと
空港内をあっちへこっちへ歩き回るも
結局ローマを出る時に、とのこと

一つ勉強になりました



ローマへは飛行機で4時間ほど

ヘルシンキとの時差は1時間
日本との時差は7時間になります

友達からの事前情報では
ローマは治安が悪くスリ窃盗が多いそう
しかも旅人を狙うそうな!

飛行機の中から気合を入れます



いや、しかし、空の上は楽しいな





あ、陸地見えてきた!



イタリアー!

前に座ってた男子2人組は
着陸時に

Yeah!Roma!!!

とハイタッチしてました

到着したのは午後8時過ぎ
ヘルシンキと同じでまだうっすら明るい

さ、荷物を受け取り、宿へ行くため電車の駅へ

なんでも、電車は一番危険な乗り物らしいよ



こうやって見ると綺麗な駅ですが
薄暗くて怖い怖い!
人もいないし…私、びびりまくってました

しかも、老人スリ集団?!と思わしき人達が近づいてくるし…ひー!

乗ろうとした電車は行っちゃうし
次に来る電車はいつくるかわかんないし
ネット繋がらないから何にも調べられないし

ここからは警戒心バリバリすぎて
もはや写真撮る気もありませんでした

とりあえず次にやってきた電車に乗車

しかし、次はどこに停まるのかアナウンスもなければ表示もない
窓の外はどんどん暗くなる…

ひー!!

事前に電車の乗り換えを調べておいたのが救い

Trastevereで乗り換え、なんだけど!
降りたはいいものの
次に乗るべき電車がどのホームにつくのやら!

案内ないしエレベーター怖いし
どでかいスーツケースを抱え
階段登って降りて
人少ないし、居ても人相悪く見えるし

ローマ、こわっ!!

なんとか時刻表を見つけて乗り換え調べて
6番ホームから乗るのかな…ということに

念のため乗り換え前に警備員さんぽい人に声を掛けるも
英語が通じない!!
そばにいたお姉さんが通訳になってなんとか会話成立…

が、しかし

「Valle Aurelia,six?」←英語っていわない(笑)

と問いかけても何故か「seven」と返ってくる

指を使ってsix?と聞くと
sevenと言いながら6本指立ててくる!

わー!どないしょー!と思っていたら
警備員さんの横にいた強面の兄ちゃんが

6本指立てて「six」と
念を押すように言ってくれました…

人を見かけで判断したらいかんね

お礼を言ってスーツケース、がこがこぶつけながら階段登ってホームへ

ホームに着いた瞬間、友達が見知らぬおじさんに声をかけられる

ぎょえー!

知らん顔して、ホームで電車を待つ…

怖い怖い言いまくってごめんね、かおりちゃん

電車がやってきたので乗車
ゆらりゆられて目的の駅、Valle Aureliaに着く

相変わらずの人の少なさ…

駅から3分ほどにある、はず、なのに!

全然つかないし、ここどこ状態に!!

もう泣きたかった

しかし、ここから優しい人に出会います

その1、カップル

場所を尋ねると、わざわざ自分のiPhoneで
Googleマップ出して調べてくれました…
逆方向に進んでいたことに気付き
駅まで一緒に戻ってもらいました

ここからすぐよ!

と言われ、また歩き出すも、またここどこ状態

その2、ファミリー

またもや道を聞く
すると、多分あそこらへん、と指を差す
それでも、困ってると気付いてくれたのか
一緒に横断歩道を渡り
近くまで連れて行ってくれました

ここらへんの建物だと思うわ!

と言われ、今度こそ!と歩き出す

よく見ると建物に番地が書いてあり
それを頼りに歩いて行くと…

つ、つ、ついたー!!

ローマでお世話になるお宿Nonna Dea!

インターホンを押し中に入って行くと
優しい顔のおじさま、モーリッツォが笑顔で迎えてくれました

私、半泣き

友達が事前に飛行機の到着時間をモーリッツォに伝えてくれていたので
宿に着くのが遅いと心配してくれていたよう
何度もメールを送ってくれてたそう

とりあえず座りなさいとソファーに案内してくれる…優しい…

駅から近いのにどうしてこんなに遅かったの?と聞かれ

Train was delayed
and lost ways...

と答えると「Mamma Mia!!!」と…

私がscary scaryと言っていると
背中をぽんぽん撫でてくれました、ほっとした

その後も水を入れてくれたり
チョコレートを持ってきてくれたり…

温かい出迎えに緊張がとけました

手続きや、支払いは明日の朝でいいから
今日はすぐベッドに行って休みなさい

と、言ってくれました

案内された部屋はとっても可愛くて
友達と2人でこの宿に来ただけでローマに来た意味はあった
と、一日目からそんな風に話しました

モーリッツォはローマの地図もくれて
明日、観光の計画を立てようねと言ってくれました



この時ばかりは
ゴディバのチョコより美味しく感じた



posted by misato | Helsinki-Rome 2014.4 | comments(0)
『Päivä 4』
4日目

ヘルシンキをゆっくり歩けるのは
いよいよ今日が最後

朝ごはんはヘルシンキでよく見かけるカフェ



picnicへ

朝からボリューム満点!
美味しかったー
どこのお店でもそうですが
野菜がもりもり入っているので
個人的にとても嬉しいー



朝からみんなstockmanでお買い物
黄色い袋を下げてる人が多かったです

いつもお腹いっぱいで行けてない



ROBERT'S COFEE

気になる、気になるー

と思いつつ、爽やかな朝の街を歩きます



ヘルシンキ滞在中
気になって気になって仕方なかった
marimekkoの黄色のワンピース
結局買わなかったけど、かわいかった!

さてさて、トラム沿いに道を歩いて行くと
急にぱっと開けて広場が登場

そこにあるのは



ヘルシンキ大聖堂

こんなに美しい建物があるのか!と
ビックリしてしまい
ひたすら友達と歓声をあげてました
その大きさと白の美しさ
青い空によく映えるというか、なんというか
とにかく素晴らしい外観!

風が冷たくて手が凍りそうでしたが
それでも何度もシャッターをきりました

長い階段を登ると



この眺め!

街中にこんな場所があるっていいなぁ

大聖堂の中にも入りました

写真撮っていいかなぁと思いつつ…



びっくりするほど静か

学生時代に覚えた主の祈りを久々に唱えてみたり

心安らぐひと時でした



ぐるりと大聖堂の周りを歩いてから



すぐそばにある



マーケット広場へ!

季節的なこともあって
まだまだお店の数は少なめ

何より風が冷たくて寒かった

凍えながらも
ブルーベリーチーズケーキを購入



ここは夏にリベンジしたいなぁ

次の目的地へ向かおうとすると
空に変な飛行機雲を発見しました



こんな飛行機雲、日本で見たことない!

なんかいいことあるかなぁと思いつつ
トラムに乗って次の目的地へ



ガタゴト揺られてたどり着いたのは
閑静な住宅街
こんな可愛いお家に私も住みたい!

さて、そんな住宅街の真ん中にあるのは

テンペリアウキオ教会!

ヘルシンキ大聖堂とは異なり
ここが協会?という外観ですが
中はとっても素敵でした



静かで優しい音楽が流れていて
陽のひかりが心地よかったです

ずーっとずーっと
ここにいたいような、そんな気持ち

しばらくここで過ごしました



そのあとはトラムに乗ったり降りたりひながら街を散策

ヘルシンキのトラムは
一度チケットを購入すると
1時間乗り放題なのです
この仕組み、日本にも取り入れてほしい

そのあと、エスプラナーディ通りに戻り

お昼ご飯



Café Artistという劇場と隣接しているカフェ

スープは飲むというより食べる感じ
雑穀もりもりで美味しかったー



雰囲気のある店内でした

フィンランドのパン取り放題システム最高

お腹を満たして、さ、買い物ー!



ittala、ファクトリーでもう少し買えばよかったなぁ

なんて思いながら店内を見ていると
友達が何やら店員さんと話している

なんと!

ittalaのマグにコーヒーを入れてくれたのです



まさかのサプライズー!
嬉しかったー!!

そのあとはArtek、Finlaysonなど有名どころを見て
締めにMarimekko!
気になっていた黄色のワンピースと
それとはまた別のワンピースを
着るだけならただと試着

ん?

おぉ?!

かわいいー!と
別の方を購入しましたー!
日本で買うよりだいぶ安かった…!
しあわせー!!

そして、ヘルシンキ最後の夜は



マリメッコのごはん屋さん
marikahvilaへ





チキンのサンドでしたがツナっぽかった
添えてあるポテトチップスが美味!
そして店員さんが可愛かったー

次の日の朝が早いこともあり
少し早めに引き上げました



でも、ここは行っとかなあかんよな!
と、ROBERT'S COFFEEに寄り道

ジェラートもありました
黒いのはサルミアッキ!
食べるべきだったかな…

大きなクッキー買いました



もっともっと、居たかったなぁ…
posted by misato | Helsinki-Rome 2014.4 | comments(0)
『Päivä 3』
3日目

またまた昨日の帰りに買っていた
マフィンを一人でもそもそ食べる



これはさすがに甘かったー
マフィンの上にホワイトチョコ
中にはラズベリージャムでした
美味しかった、また食べたい



駅近のstockmanでは
年二回しかないセールが始まってました
その名も「Hullut Päivät」
直訳すると「狂った日々」だそう

確かに店内はお客さんでいっぱい!
安いのか安くないのか
よくわからなかったですが
お土産を購入してみました



そのあと、郵便局に寄って日本に手紙を投函
ヘルシンキ中央郵便局のこのポストに投函すると
ここ限定の消印を押してもらえるそう

さて、今日はトラムに乗りまして
いざ、アラビアファクトリーへ



トラム、便利



降りてすぐ見えた看板、かわいい

歩いて行くと



あったあった!

が、しかし、入り口はどこだ!と
きょろきょろしていると
またもや天の助け…

「ファクトリーショップはこっちですよ」

と、まさかの日本語!
しかもフィンランドの方!!
ビックリ仰天!!!

フィンランドの人は母国語の他に
英語を話せる方がとっても多く
その他の言葉を勉強している人も多いようで…

すごいなぁと

私もちょっと頑張ろ、と思いました

さて、買い物に夢中になりすぎて
全く写真はありませんが
可愛い食器や台所用品
一人暮らしの予定もないのに
うきうきわくわく!

と、言いつつあっさり買うもの決めて
友達を待ってる間一人でお茶





フィンランドのカフェだけじゃないかもですが
コーヒーはおかわりもできるようで
レジ横に小さなお菓子が売ってあって
日本とは勝手が違うんですが
とっても好きな感じでした
どうしても日本だと
ケーキもパンも大きいから
ちょい食べが好きな私にはよかったです

そのあとはトラムを乗り継いで



ハカニエミマーケット!

いろんなお店がいっぱい!







二階建ての屋内マーケットで
一階には生鮮食品やパン、ケーキ
二階はカフェやおみやげやさんがたくさん!

ぐるぐるぐるぐる見て回り



これを買いました
ヘルシンキのいろんなお店で見かけた
ピンクのおやつ!
BEBEという名前らしい…

見た目通りのあまーいお菓子でした

マーケットそばの海を見ながら美味しくいただきました



ただ、寒かった…
風が強くて…真冬だった…!!

そこからトラムに乗って
またまたエスプラナーディ通りへ

昨日行きそびれたお店を見て回り

ここも行きたかった!
フィンランドのお菓子の会社



Fazer Cafe!

ファッツェルはチョコが有名ですが
他にもグミやらなんやら
たっくさんお菓子を作ってるようです



多分、ファッツェルさん

チョコレートの量り売りもしてました



コーヒーにチョコが添えてあって、わーい!



ガイドブックでよく見かける
名前はわからないけど
これを食べました、惣菜的お味
多分、じゃがいも

このカフェでしばしフィンランドの赤ちゃんとたわむれる

可愛すぎて困った



カフェをでて、ゆるゆる歩く

お店入ったり、ただ歩いてみたり



なんでこんなに落ち着くのかな



初めて行った国なのに
心地よくって幸せでした



帰りにまたstockmanによって
今日はホテルでお惣菜ー

食べ過ぎゆえに少なめ



ヨーグルトは種類多すぎて困った



ゆっくり街を歩けるのも明日が最後







これで午後7時とか嘘みたい

posted by misato | Helsinki-Rome 2014.4 | comments(0)
『Päivä 2』
2日目

早々と目が覚めてしまったので
一人、ヘルシンキの街へお散歩に

朝7時、静かで冷たい空気

思い描いていたそのままの空気でした







ホテルに戻り
昨日、デパ地下で買ったケーキを食べる



実物はもっと美味しそうです

フルーツのタルト
甘すぎず、ちょうどいいお味
紙コップは行きの飛行機の中で
もらってきました

この日は地下鉄に乗って
念願のマリメッコファクトリーへ



ヘルシンキ中央駅から地下鉄に乗ります

切符を買った後
どうやって乗るんかなぁと切符を眺めていたら
突然後ろから青年が現れて
地下鉄の乗り方を教えてくれました

「kiitos!」と慣れないながらにお礼を言うと
爽やかに微笑みを浮かべ、去って行きました

恋するかと思った

さてさて、そんなお兄さんの力も借り
地下鉄に乗ります





オレンジ一色でした
車内には新聞が置いてあって
誰でも自由に読めるようでした

ガタゴト揺られて目的の駅へ

ゆらゆら歩いてる途中に気づいたのは

フィンランドの車は汚れている!
特に後ろ側は泥だらけ
日本の車はどれもピカピカなだけに
なんか衝撃でした

俺の車、いい車だろ、ははーん

みたいな感じはなく
本当にフィンランドの人にとって
車は足、そんな感じなのかな、と思いました
時々、日産とか三菱とか見かけた

さてさて、10分ほど歩いて
到着しました、Marimekko factory!

広い店内の中には溢れるほどのマリメッコ!







友達と口を開けばかわいいかわいいと
大興奮で気づけば2時間滞在

お土産を買ってひと段落したところで

マリメッコの社員食堂でお昼ご飯♪




観光客は私と友達だけで
完全に浮いてました…が
みんなおしゃれでほれぼれ
母くらいの女性も大柄のワンピースを
素敵に着こなしてらっしゃって
フィンランド人に生まれたいと思いました





ビュッフェ形式で
食後にはコーヒーも
もちろん食器もマリメッコでした

ロビーにある待合席もかわいいー!



大満足!

で、ホテルに戻って荷物を置き

ヘルシンキの街を少し散策

お昼ご飯を満腹食べたにもかかわらず
私の希望で行きたかった
カフェ・エクベリへ

老舗カフェだそうで
店内はお客さんでいっぱい

たまたま席が空いたので座ってみるも
オーダーの仕方がわからない…
結局、先にカウンターで注文して
食べ終わってからのお支払いでした

食べたかったのはこれ



ナポレオン

という名前のミルフィーユ
フィンランド独特のミルフィーユだそう
カスタードクリームが挟んであって
上はアイシングでした
甘くて美味しかったー



ショーケースの中は
たくさんのケーキがきらきらしてました









どこを歩いても綺麗な街並み

歩いているだけで気持ちがよかったです
何よりも空の青さにびっくり
澄んだ空は本当に美しかったです

そして夜ご飯は有名どころ



かもめ食堂へ

映画とは雰囲気が違うけれど
町の食堂という感じで
一人で夕飯を食べに来ているお客さんが多かったです



これは食べなきゃ、シナモンロール
日本のほど甘くなくて
これはまたビックリでした



さらにさらにサーモンのソテー
付け合わせのじゃがいもの量がすごい!
友達とどっちがメインか分からんなーと大笑い
とっても美味しかった!
が、さすがにお腹がはちきれそうでした

ごちそうさまでした

そこから歩いてエスプラナーディ通りへ

しかし、着いた頃には18時
すでに閉店しているお店が多く
翌日にもう一度行くことに

歩いているとアイスクリーム屋さん発見

お腹いっぱいとか言いながらも食べることに
アイスを注文し、支払いをしようとすると

今日はお金は要りません

と店員さんに言われビックリ

どうやらTwitterで無料告知をしていたよう
何も知らずに驚いた私たちに
店員さんもお客さんも笑ってました

アイスを食べて、またまた有名どころ

アカデミア書店へ
トーベヤンソンさん100周年の今年
街中でもムーミンをよく見かけました



フィンランド語の本、一冊くらい買えばよかったな…

そのあとはエプラナーディのマリメッコへ



何度見てもかわいいし欲しくなる!

そんな話をしながら
街の雰囲気を味わって歩きました





これでも夜の8時くらい
日本にはない感覚

歩き回ってくたくたの2日目、おしまい



posted by misato | Helsinki-Rome 2014.4 | comments(0)
Infomation
憶えておきたい景色がある
忘れたくない人がいる
耳に残る言葉がある
想いを伝えたい人がいる

それはどこか切ないようで
どうしようもなく倖せなこと
Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
Entries
Categories
Profile
Archives
Others